お知らせ・最新情報

HOME > お知らせ・最新情報

sp

2021/4/16

No_66 本会所在地 名称及び移転について

<事務局よりお知らせ>

本会の所在地・名称が医院の移転改称にともない変更となりました。
(旧)阿部胃腸科内科医院(新潟市東区長者町6-3)
(新)山の下クリック(新潟市東区長者町5-5)
(変更日)2021年4月5日
サイト内の一部やフッター部分で旧称が表記されているところがございますが、修正完了までご容赦ください。

sp

2020/12/28

No_65 山の下ねっと第14回全体会
(1月30日・土曜日/オンライン)開催ごあんない

テーマ「山の下のみんなでコロナ禍を乗り越えるために/COVID-19への対応
―これまでとこれから―」

今年3月の「第13回全体会」が新型コロナウイルス感染症対策のため中止になって以来、当会も世話人会以外の活動を見合わせておりました。
未だ収束の兆しも見えず、むしろその勢いが増している最中、地域内の多くの機関の医療介護関係者を参集させるイベントの開催は当面避けるべきと判断しております。
そこで「第14回全体会」を1月30日土曜日、オンライン上で開催する運びといたしました。

テーマも「山の下のみんなでコロナ禍を乗り越えるために 〜COVID-19への対応―これまでとこれから〜」とします。
第1部はリレー発言を中心としたオンラインシンポジウムとし、指定発言者(訪問介護、訪問看護、通所介護、短期入所、診療所など約10名)からのご報告をいただきます。また、コロナ対策における事業所への調査結果を基にした情報提供を行います。
第2部では恒例のグループトークをオンラインで行います。Zoomのブレークアウトルーム機能を用い、数名ごとの疑似グループに分かれて情報・意見交換をしていただきます。

機関・職種を問わず多くの方の積極的なご参加をお待ちしております。

※当会会員事業所・賛助会員へは12月25日にご案内をメールにて配信しました。また、当会会員以外の山の下、藤見・下山圏域内の事業所へは共催者(新潟市在宅医療・介護連携ステーション東)よりご案内を1/4付で郵送する予定です。

【参加申込】
ウェブでの参加登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクまたは二次元コードから)。
※12/28申込登録サイトを変更しました

You can see a large image by click.【受付期間】
・山の下ねっと会員事業所の方、賛助会員/先行受付中
・会員以外の医療介護等関係者/2021年1月12日(火)午前9時から
※ 会員(2019年度会費納入済の事業所)以外の11日までの申込は無効扱いとします。
※ 接続端末数に限りがあるため、1申込での接続端末は1台限定とします。

sp

2020/4/17

No_62 新型コロナウイルス感染拡大にともなう当会の基本方針

当会では新型コロナウイルス感染拡大にともない「2020年度特例措置(基本方針)」を以下のとおり定めました(要旨抜粋)。

1.当面の諸活動について
「少人数かつ短時間の打合せ」、「メール・電話・文書での諸調整」を除き、2020年度上期(4〜9月)は当会における諸活動を休止します。
下期(10月以降)における活動再開については、新潟市における感染拡大の状況や当地および会員事業所における状況を勘案し、本年8月頃を目途に検討します。

2.本年度年会費の徴収について
事業規模の大幅縮小が見込まれることから、当面の活動は繰越金を原資とし、本年度は事業所および賛助会員からの年会費を徴収しないこととします。

本件に関するお問い合わせは当会事務局までお願いします。

sp

2020/2/19

No_61 当会主催行事の開催自粛について(新型コロナウイルス関連)

平素は山の下ねっと(以下、当会)の運営にご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。
ご承知のとおり新型コロナウイルス感染症の国内発生、感染経路が不明確な症例が明らかになるなどにより、国より「イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応の検討」を求められる状況となっております。

2月18日、当会世話人会にて協議した結果、当地における当該感染症患者の発生は現時点で明らかになっていないものの、今後しばらくの間の推移が見通せないこと、国の求める主催者側における対応(アルコール消毒液の入手など)が困難であり、当会としても開催の安全を担保できないことから、やむなく年度内の当会主催行事の開催を見合わせる判断をいたしました。

当面、中止(延期)対応する行事は以下のとおりです。
・第13回全体会(3月7日/朱鷺メッセ/懇親会含む)→次回開催に内容繰り越し
・第3回リハビリの会(3月18日/東区プラザ)→対応調整中
※上記催事に参加登録されていた方には個別にご連絡差し上げます。

4月以降の開催については、時機を見て対応を決定いたします。
当会会員事業所、賛助会員、その他関係各所におかれましては、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年2月19日

sp

2020/1/10

No_60 【開催中止】山の下ねっと第13回全体会 (3月7日・土曜日)開催ごあんない

この催事は開催中止となりました。(2020.2.19追記)


テーマ「災害発生!?『私たちは どう動くか』―震災を中心に―」
令和元年は全国各地で地震・台風・豪雨災害による大規模な被害に見舞われました。100%の対策は難しいかもしれない…けれどあらかじめ得た知識と準備はいざというときに役立つかもしれません。今回の全体会はその機会のひとつになることを目指します。
機関・職種を問わず多くの方の積極的なご参加をお待ちしております。

※当会会員事業所・賛助会員へは本催事のご案内を1/10に発送しました。また、当会会員以外の山の下、藤見・下山圏域内の事業所へは共催者(新潟市在宅医療・介護連携ステーション東)よりご案内を郵送する予定です。

【日時】令和2年3月7日(土)13:45〜16:30(開場13:15)
【会場】朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 3階 中会議室302 
【内容】詳細はチラシをご覧ください
1.講演「地震発生!! 医療・介護・行政はどうした?」2019.6.18新潟・山形地震の体験から
2.東区(山の下、藤見・下山圏域) ハザードマップ概説 
3.グループ別 フリートーク
【参加費】500円 ※山の下ねっと会員機関の所属職員・賛助会員、新潟市職員は無料です。
【定員】120名 
【懇親会】当日18時30分より新潟駅前プラスサード(第5マルカビル3階)にて行います(事前申込制/会費4,000円/申込先着40名)

You can see a large image by click.【申し込みについて】
この催事は開催中止となりました。

sp

2019/12/27

No_59 【共催事業】ご当地連携研修会「医療と介護 リレー学習会」(第9回)開催ご案内

「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」(以下、ステーション)が主催、当会が共催する「ご当地連携研修会/医療と介護 リレー学習会」の第9回を1月21日に開催します。
この学習会では地域の医療・介護関係者が交替(リレー)で講師になり、ご自身の専門・得意・関心ある分野について約20分のミニレクチャーを行っていただきます。
地域の専門職の皆さんでリレーを重ねて「みんなで学ぶ、みんなで教える」会にしましょう!

【開催概要】
日時/2020年1月21日(火)19:00〜20:30
会場/東区プラザ 2階多目的ルーム2
参加費/無料
今回の内容/ 
1. (仮題)発熱の話−在宅での発熱の対応−/ときわ診療所 畠山眞先生
2. 難病患者支援者のためのハンドブックの活用と新潟市の難病対策について/新潟市保健所 今井宏美氏
3. 地域の福祉の充実を目指して〜特別養護老人ホームとは〜/特養桃山園 熊倉康行氏
※多機関多職種の相互理解を目的とするため、全時間参加を原則とします

【参加対象】
・東区山の下、藤見・下山圏域の医療・介護全事業所(※)職員
・山の下ねっと会員事業所の職員、賛助会員
・新潟市職員
(※)連携ステーションより圏域内各事業所宛にご案内を郵送(12/27に発送)します。

【申込】
ウェブでの参加登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクから)。1月16日正午締切。
※ 消防法による会場定員遵守および配布資料準備の都合から、入場は事前登録者に限らせていただきます。

sp

2019/10/28

No_58 【開催報告】第10回「山の下ねっと事例研究クラブ」

10月17日(木)午後7時より、東区プラザ(東区役所)多目的ルーム2にて第10回「山の下ねっと事例研究クラブ」を開催しました。参加者は24名で医師、看護師、介護福祉士、薬剤師、保健師、ケアマネ、生活相談員等多くの方に参加して頂きました。

You can see a large image by click.今回の事例研究は老人デイサービスセンター藤見の生活相談員の古澤裕子様、本多綾様より「意欲低下した認知症の方へのアプローチ事例」を提供して頂きました。
認知症の周辺症状により日常生活やご家族の生活に支障が出るようになり内服などで対応し周辺症状は落ち着いたものの、歩行時のふらつきや食欲減退、意欲低下が顕著にあらわれてしまったといった内容でした。

その後、グループワークを行い事例提供の内容をもとに、自分の立場でできること、同じようなケースでの実践、事例を聞いての感想や日頃の意見交換をしました。参加者からは「多職種による違った見方の大切さや訪問看護を導入して細かい情報を医師に伝えるアプローチがある。」といったご意見や「薬剤師からの医師や家族へのアプローチもできることを知れた。」といった感想を頂きました。

次年度の予定は未定ですが、決まり次第ご連絡させていただきますので、ご参加お待ちしております。(報告.事例研究クラブ幹事)

sp

2019/8/20

No_57 【開催報告】第12回全体会を開催しました

令和元年8月17日土曜日、朱鷺メッセ(新潟市中央区)にて「みんなで話そっ!私たちは山の下の在宅ケア専門職です!」をテーマに令和初の全体会「第12回 全体会」を開催しました。会場予約の都合からお盆休みの最終盤の土曜日ではありましたが、山の下ねっと会員機関以外の方10名も含む、計94名の方が参加くださいました。

You can see a large image by click.より参加しやすいスタイル・内容を目指して、第1部は初めてトークショー形式を試みました。トークライブ「私たちは山の下の在宅ケア専門職です!」と題し、出演者からの事前アンケートへの回答を元にプレゼンテーションやトークを繰り広げました。思いがけぬ珍(?)回答や「あるある」ネタに、首を縦に振ってうなづかれる方、笑顔の方も多く見られ、楽しく在宅ケアに携わる医療・介護の専門職への理解が更に深まったようです。

You can see a large image by click.休憩を挟み、第2部はグループ別フリートークを行いました。今までの全体会第2部ではテーマを設定したトークやグループワーク形式をとることが多かったのですが、今回は「内容は完全フリー、まとめや発表も無し」とあらかじめ告知。そのためか参加者も特に緊張した様子もなく、グループの皆さんと第1部の感想や自身の仕事、他の方への質問など、とても和気あいあいとお話しされていました。

You can see a large image by click.全体会終了後は会場を変え、恒例の懇親会を開催しました。「お初」の方も複数おられ、また新たな「顔の見える関係」をつくっていました。

参加者アンケートにおいても、今回の感想について、回答者の8割以上の方が「良い」、残りのすべての方も「どちらかといえば良い」とされ、「どちらかと言えば良くない・良くない」とされた方はおられませんでした。いつもより笑顔や笑い声の多い中でも、各専門職の相互理解を深めることができた新たなスタイルの全体会となったようです。

次回の全体会は令和2年3月7日(土)、同じく朱鷺メッセで開催予定です。開催概要や募集要項が決まり次第、本サイトでもご案内します。
次回も多くの方の参加をお待ちしております。

sp

2019/7/1

No_56 【共催事業】ご当地連携研修会「医療と介護 リレー学習会」(第8回)開催ご案内

「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」(以下、ステーション)が主催、当会が共催する「ご当地連携研修会/医療と介護 リレー学習会」の第8回を7月24日に開催します。
この学習会では地域の医療・介護関係者が交替(リレー)で講師になり、ご自身の専門・得意・関心ある分野について約20分のミニレクチャーを行っていただきます。
地域の専門職の皆さんでリレーを重ねて「みんなで学ぶ、みんなで教える」会にしましょう!

【開催概要】
日時/2019年7月24日(水)19:00〜20:30
会場/東区プラザ 2階多目的ルーム2
参加費/無料
今回の内容/ 
1. 高齢者の骨折予防のために地域で何ができるか/きんとう整形外科クリニック 金藤直樹先生
2. 河渡病院におけるアルコール依存症治療/河渡病院 大倉宏司氏
3. 小規模多機能のご紹介/ささえ愛下山 野口英夫氏
※多機関多職種の相互理解を目的とするため、全時間参加を原則とします

【参加対象】
・東区山の下、藤見・下山圏域の医療・介護全事業所(※)職員
・山の下ねっと会員事業所の職員、賛助会員
・新潟市職員
(※)連携ステーションより圏域内各事業所宛にご案内を郵送(7/1に発送)します。

【申込】
ウェブでの参加登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクから)。
※ 消防法による会場定員遵守および配布資料準備の都合から、入場は事前登録者に限らせていただきます。

sp

2019/6/20

No_55 山の下ねっと第12回全体会 (8月17日・土曜日)開催ごあんない

テーマ「みんなで話そっ!『私たちは 山の下の 在宅ケア専門職です!』」
地域で共に活躍する関係機関・関係職種を理解し、連携を深めていくこと…この「初心」に立ち返り、今まで山の下ねっとの行事に参加したことがない方にも参加しやすい、わかりやすい企画で、他職種への理解の促進、職種間での連帯感を醸し出すこと…これが今回の全体会の目的です。
機関・職種を問わず多くの方の積極的なご参加をお待ちしております。

※当会会員事業所・賛助会員へは本催事のご案内を6/25頃に郵送いたします。また、当会会員以外の山の下、藤見・下山圏域内の事業所へは共催者(新潟市在宅医療・介護連携ステーション東)より7月初旬を目途にご案内が郵送する予定です。

【日時】令和元年8月17日(土)13:45〜16:30(開場13:15)
【会場】朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 2階 中会議室201 
【内容】詳細はチラシをご覧ください
1.トークライブ「私たちは山の下の在宅ケア専門職です!」
2.グループ別 フリートーク
【参加費】500円 ※山の下ねっと会員機関の所属職員・賛助会員、新潟市職員は無料です。
【定員】120名 
【懇親会】当日18時30分より新潟駅前プラスサード(第5マルカビル3階)にて行います(事前申込制/会費4,000円/申込先着40名)

You can see a large image by click.【申し込みについて】
インターネットサイトによる参加登録制です。申込サイトの入口は本記事上部にあります。
QRコードを読み込み、スマートフォンからも申込できます。
※電話・ファクス・メールでの申込は原則としてお受けしません。インターネット経由での申込が困難な場合のみ、事務局によるサイト入力代行を受け付けますので、ご相談ください。

【ご参加予定の方へ】
当日、会場となる朱鷺メッセでは「ダンボール恐竜ランドinときメッセ」、「ブリックライブin新潟」(レゴブロックのイベント)といった催事なども開催されるため駐車場の混雑が予想されます。
お早目のご来場を、また出来るだけ相乗りや公共交通機関の利用をご検討いただきますようお勧めいたします。

sp

2019/4/2

No_54 【開催報告】第11回全体会を開催しました

平成31年3月2日土曜日、朱鷺メッセ(新潟市中央区)にて「山の下の みんなで支える 認知症 Part.3 ―初期集中支援を中心に―」をテーマに「第11回 全体会」を開催しました。インフルエンザ流行など条件の悪い時期ではありましたが、計99名の方が参加くださいました。

You can see a large image by click.第1部。1題目は「新潟市における認知症初期集中支援推進事業について」、新潟市地域包括ケア推進課の大宮様にご講演いただきました。
2題目として「認知症初期集中支援チームの具体的取り組み」として、市のモデル事業の段階より初期集中支援に関わっていらっしゃる阿部由美子様(みどり病院 認知症疾患医療センター)から事例の紹介も含めお話しいただきました。
また、末広橋・河渡・新潟臨港・桑名、各病院の認知症診療に関する取り組みと想いを各病院の代表者からお話しいただきました。

You can see a large image by click.休憩を挟み、第2部では「地域・現場でわたしたちができること」をテーマに、「認知症・認知機能障害の方の発見」、「支援への繋ぎ」、「自身、自機関がどのように関わっていくか」について恒例のグループトークを行いました。熱心な意見・情報交換が各グループで交わされていました。
また、この前日に施行された山の下・藤見・下山日常生活圏域の分割(山の下、藤見・下山の2圏域に)について地域包括支援センターより説明いただきました。

You can see a large image by click.全体会終了後は会場を変え、いつもどおり懇親会を開催しました。懇親会参加の皆さんの「顔の見える関係」はバッチリです、ね。

次回の全体会は令和元年8月17日(土)、同じく朱鷺メッセで開催予定です。在宅ケアに関わる各職種への更なる理解と共感を目的とし、より参加しやすいスタイル・内容を目指して計画中です。参加募集要項が決まり次第、本サイトでもご案内します。
次回も多くの方の参加をお待ちしております。

sp

2019/2/26

No_53 【共催事業/登録期限延長】ご当地連携研修会「医療と介護 リレー学習会」(第7回)開催ご案内

【3/12更新】
参加登録期限を3/19(火)正午まで延長します。ただし定員(70名)に達した際は期限前に締切としますので早めにご登録ください。

「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」(以下、ステーション)が主催、当会が共催する「ご当地連携研修会/医療と介護 リレー学習会」の第7回を3月26日に開催します。
この学習会では地域の医療・介護関係者が交替(リレー)で講師になり、ご自身の専門・得意・関心ある分野について約20分のミニレクチャーを行っていただきます。
地域の専門職の皆さんでリレーを重ねて「みんなで学ぶ、みんなで教える」会にしましょう!

【開催概要】
日時/2019年3月26日(火)19:00〜20:30
会場/東区プラザ 2階多目的ルーム2
参加費/無料
今回の内容/ 
1. 呼吸困難への対応について/新潟臨港病院 坂井邦彦先生
2. 薬剤師が行う居宅療養管理指導の役割/市民調剤薬局 安達博氏
3. ヘルパー(訪問介護)の役割/エヌ介護サービス新潟東 藤田真也氏
※多機関多職種の相互理解を目的とするため、全時間参加を原則とします

【参加対象】
・東区山の下、藤見・下山圏域の医療・介護全事業所(※)職員
・山の下ねっと会員事業所の職員、賛助会員
・新潟市職員
(※)連携ステーションより圏域内各事業所宛にご案内を郵送(2/26に発送)します。

【申込】
ウェブでの参加登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクから)。
※ 消防法による会場定員遵守および配布資料準備の都合から、入場は事前登録者に限らせていただきます。

sp

2019/1/23

No_52 山の下ねっと第11回全体会 (3月2日・土曜日)開催ごあんない(参加登録期限を延長しました!)

※参加登録期限を2月20日(水)14時まで延長しました。但し定員に達し次第締切とします。

「山の下の みんなで支える 認知症」Part.3 初期集中支援を中心に
2018年秋より全市展開が図られることとなった「初期集中支援チーム」の取り組みについて理解を深めるとともに、地域の多機関多職種による「認知症・認知機能障害の方の発見」、「支援への繋ぎ」、そして「自身、自機関がどのように関わっていくか」を再考する機会にできればと思います。
機関・職種を問わず多くの方の積極的なご参加をお待ちしております。

※新潟市山の下・藤見・下山圏域所在の医療・介護関係事業所、圏域外山の下ねっと会員事業所へは本催事のご案内を1/22に郵送いたしました。

【日時】平成31年3月2日(土)13:45〜16:30(開場13:15)
【会場】朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 3階 中会議室302 
【内容】詳細はチラシをご覧ください
1.講演1/新潟市における認知症初期集中支援推進事業について
2.講演2/認知症初期集中支援チームの具体的取り組み
3.山の下、藤見・下山 圏域 4病院の認知症診療の取り組み
4.グループトーク
【参加費】500円 ※山の下ねっと会員機関の所属職員・賛助会員、新潟市職員は無料です。
【定員】120名 
【懇親会】当日18時30分より新潟駅前プラスサード(第5マルカビル3階)にて行います(事前申込制/会費4,000円/申込先着40名)

You can see a large image by click.【申し込みについて】
インターネットサイトによる参加登録制です。申込サイトの入口は本記事上部にあります。
QRコードを読み込み、スマートフォンからも申込できます。
※電話・ファクス・メールでの申込は原則としてお受けしません。インターネット経由での申込が困難な場合のみ、事務局によるサイト入力代行を受け付けますので、ご相談ください。

【ご参加予定の方へ】
当日、会場となる朱鷺メッセでは「マイナビ就職EXPO」、「新潟日報 看護職就職(再就職)応援ガイダンス2020」など複数のイベントが開催予定のため、駐車場の混雑が予想されます。
お早目のご来場を、また出来るだけ相乗りや公共交通機関の利用をご検討いただきますようお勧めいたします。

sp

2018/10/23

No_51 【共催事業】ご当地連携研修会「医療と介護 リレー学習会」(第6回)開催ご案内

「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」(以下、ステーション)が主催、当会が共催する「ご当地連携研修会/医療と介護 リレー学習会」の第6回を2018年11月20日に開催します。
この学習会では地域の医療・介護関係者が交替(リレー)で講師になり、ご自身の専門・得意・関心ある分野について約20分のミニレクチャーを行っていただきます。
地域の専門職の皆さんでリレーを重ねて「みんなで学ぶ、みんなで教える」会にしましょう!

【開催概要】
日時/2018年11月20日(火)19:00〜20:30
会場/東区プラザ 2階多目的ルーム2
参加費/無料
今回の内容/ 
1. 高齢者の生活習慣病をどうコントロールするか/岡田内科医院 岡田雅美先生
2. 在宅療養場面における緩和ケア/桑名病院 中野美佳氏
3. 支援者同士のつながり/ケアプランセンター有楽園 相田拓也氏
※多機関多職種の相互理解を目的とするため、全時間参加を原則とします

【参加対象】
・東区山の下圏域の医療・介護全事業所(※)職員
・山の下ねっと会員事業所の職員、賛助会員
・新潟市職員
(※)連携ステーションより山の下圏域各事業所宛にご案内を郵送(10/23に発送)しています。

【申込】
ウェブでの参加登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクから)。登録期限は11/13(火)正午まで。ただし定員(70名)に達した場合は期限前に締切。

【重要】
消防法による会場定員遵守および配布資料準備の都合から、入場は事前登録者に限らせていただきます。

sp

2018/10/19

No_50 開催報告 第7回「山の下ねっと事例研究クラブ」

10月11日(木)午後7時より、東区プラザ(東区役所)多目的ルーム2にて第7回「山の下ねっと事例研究クラブ」を開催しました。参加者は26名で医師、看護、介護、薬剤師、ケアマネ等多くの方に参加して頂きました。今回の事例研究は「医療と介護の連携ハンドブック」の中の入院前から退院後の連携フローを用い、事例検討を行いました。

You can see a large image by click.はじめに、阿部先生より「医療と介護の連携ハンドブック」についての説明をして頂き、新潟臨港病院 MSW川崎智恵様より「終末期の患者様の自宅退院での在宅サービス側との連携について」事例を提供して頂きました。
終末期の自宅退院に伴い生活状況や環境、家族関係など情報があまり得られないながらも本人の意向もあり早期退院を目指した際にケアマネや関係機関との連携もなかなか思うように進まなかったといった内容でした。

You can see a large image by click.その後、グループワークを行い事例提供の内容をもとに、自分の立場でできること、同じようなケースでの実践、事例を聞いての感想等を話し合いました。参加者からは「時間のない中で情報収集をすることの難しさやさらに情報を引き出す大変さを知れた」「終末期の看取りについて改めて考え直す事ができました」とソーシャルワーカーに対しての理解が深まったとの意見をたくさん頂きました。他にも、「立場の違いを分かり合う必要性がある」「多職種の視点で意見をまとめる必要がある」等今後の多職種連携の際の課題も寄せられました。

次回の開催は平成31年2月14日(木)を予定しております。多くの方のご参加お待ちしております。

【山の下ねっと事例研究クラブ 幹事】仲屋里恵(ジャパンケア新潟藤見)、西本円(あかりケアプランセンター)、藤田剛史(秋葉デイサービスセンターきゃすと)
【山の下ねっと世話人】阿部恭子(東区社会福祉協議会)

sp

2018/9/20

No_49 【開催報告】第10回全体会を開催しました

2018年9月1日(土)、当会主催「山の下ねっと第10回全体会」を東区プラザで開催しました。10回目の節目の会であることから、記念大会として隣接地域の在宅医療ネットワークである「ぽーちゅらかネット(木戸・大形・石山圏域地域連携ネットワーク)」、「北区医療と介護のささえあいネット(ござれやネット)」にも共催いただきました。計198名の方が参加くださいました。

You can see a large image by click.第1部では「在宅医療ネットワーク 今まで・現在・これから」と題し、シンポジウムを行いました。3つのネットワーク代表から各々のネットワークの設立経緯、現在の活動状況、これからに対する想いなどをお話しいただいたあと、各ネットワークのコアメンバーの代表者も登壇いただき、総合討論を行いました。
参加者アンケートでは「各ネットワークでの取り組み内容が直接聞けたのは参考になった」「顔の見える関係はできているが、腹の見える関係を作っていくことが大切であると改めて感じた」「別々のネットワークがコラボして情報交換したり、顔を合わせる機会を持つことが大切であると思った」などの感想が寄せられました。

You can see a large image by click.休憩を挟み、第2部は各ネットワークがそれぞれ企画をした分科会を開催。第1分科会(運営/山の下ねっと)は「胃ろう」に関するパネルディスカッション、第2分科会(運営/ござれやネット)は「ACP」に関する講演とグループワーク、第3分科会(運営/ぽーちゅらかネット)は「地域特性と課題」に関するグループディスカッションが行われました。分科会は所属ネットワークの垣根を越えた交流の場ともなりました。また分科会終了後は再び全員でホールに集い、各分科会運営の代表者よりの内容について報告をお聞きしました。

You can see a large image by click.全体会終了後は会場を変え、3ネットワーク合同で分科会のゲスト講師も囲み、懇親会を開催しました。

多くの方のご参加、各ネットワークのコアメンバーのご協力の基に本会を盛会裏に開催できましたこと、重ねて御礼申し上げます。

次回の全体会は2019年3月2日(土)、朱鷺メッセで開催予定です。参加募集要項が決まり次第、本サイトでもご案内します。
次回も多くの方の参加をお待ちしております。

sp

2018/7/11

No_48 山の下ねっと第10回全体会 (9月1日・土曜日)開催ごあんない

【8/16更新】
2次募集として、参加登録受付期限を8月23日(木)13時まで延長いたします。
但し、会場の都合から分科会のご希望には添えない可能性がございます。ご了承ください。
--
「山の下ねっと」の全体会が10回目の節目を迎えるにあたり、隣接地域の在宅医療ネットワークである北区の「ござれやネット」および東区木戸・大形・石山圏域の「ぽーちゅらかネット」とのコラボレーションによる一大研修会が実現します。
記念シンポジウムでは、各ネットワークの歩み、そして今後のビジョンなどについてネットワークの代表者同士でお話しします。また、各ネットワークが独自に企画した内容で分科会を行います。
機関・職種を問わず多くの方の積極的なご参加をお待ちしております。

※新潟市東区内、北区内の医療・介護関係事業所へは7月13日頃に本催事のご案内を郵送します。

【日時】平成30年9月1日(土)13:30〜16:55(開場13:00)
【会場】東区プラザ ホール他(東区役所2階) 
【内容】詳細はチラシをご覧ください
1.記念シンポジウム「在宅医療ネットワーク 今まで・現在・これから」
2.分科会(申し込み時に第2希望まで選択)
(1) 今、あらためて「胃ろう」を考える
(2) アドバンス・ケア・プランニングを学ぶ
(3) 地域の特性を知ろう!
【参加費】500円 ※山の下ねっと会員機関の所属職員・賛助会員、新潟市職員は無料です。
【定員】250名 ※申込多数の場合、所属機関ごとに人数調整する場合があります。

You can see a large image by click.【申し込みについて】
インターネットサイトによる参加登録制です。申込サイトの入口は本記事上部にあります。
QRコードを読み込み、スマートフォンからも申込できます。
締切は8月16日(木)午後1時でしたが、2次募集として参加登録受付期限を8月23日(木)13時まで延長いたします。
但し、会場の都合から分科会のご希望には添えない可能性がございます。ご了承ください。

【懇親会】
当日18時30分より新潟駅前プラスサード(第5マルカビル3階)にて行います
(事前申込制/会費4,000円/申込先着60名)

※電話・ファクス・メールでの申込は原則としてお受けしません。インターネット経由での申込が真に困難な場合のみ、事務局によるサイト入力代行を受け付けますので、ご相談ください。

sp

2018/6/4

No_47 【共催事業】ご当地連携研修会「医療と介護 リレー学習会」(第5回)開催ご案内(※参加登録受付終了しました)

※ 募集定員に達したため、参加登録受付を終了しました(6/11)

「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」(以下、ステーション)が主催、当会が共催する「ご当地連携研修会/医療と介護 リレー学習会」の第5回を2018年6月26日に開催します。
この学習会は地域の医療・介護関係者が交替(リレー)で講師になり、ご自身の専門・得意・関心ある分野について約20分のミニレクチャーを行っていただきます。
地域の専門職の皆さんでリレーを重ねて「みんなで学ぶ、みんなで教える」会にしましょう!

【開催概要】
日時 2018年6月26日(火)19:00〜20:30
会場 東区プラザ 2階多目的ルーム2
内容 
1. 耳鼻科疾患と高齢者/空港前クリニック 川崎克先生
2. 特別講義|地域における精神科病院の役割/末広橋病院 鈴木雄太郎先生
3. レスパイトケア〜在宅介護を続けるために〜/ショートステイ河渡の郷 亀貝尚以氏
※多機関多職種の相互理解を目的とするため、全時間参加を原則とします

【参加対象】
・東区山の下圏域の医療・介護全事業所(※)職員
・山の下ねっと会員事業所の職員、賛助会員
・新潟市職員
(※)連携ステーションより山の下圏域各事業所宛にご案内を郵送(6/4発送)しています。

【申込】
参加希望の場合ウェブでの事前登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクから)。6/21(木)正午まで。ただし、定員に達し次第締切。

【重要】
消防法による会場定員遵守および配布資料準備の都合から、入場は事前登録者に限らせていただきます。

sp

2018/3/2

No_46 【開催報告】第9回全体会を開催しました

2018年2月24日土曜日、朱鷺メッセ(新潟市中央区)にて「在宅・施設での救急対応と医療連携」をテーマに「第9回 全体会」を開催しました。
天候やインフルエンザ流行等、諸条件の悪い中、計104名の方が参加くださいました。

You can see a large image by click.第1部では「東区における高齢者救急搬送の現状」について、新潟市消防局 東消防署 川田係長にご講演いただきました。
その後、訪問介護、入所施設、ケアマネジャー、訪問看護、病院(地域医療連携室)、病院医師それぞれの分野から「救急対応場面の現状と課題」の個別発言をしていただきました。パネリストの熱心な発表もあって、総合討論の時間が少なくなってしまいましたが、救急患者を送る側、受ける側双方の実情の理解、起こり得る課題に対しての解決や歩み寄りに関する多くのヒントが示されたように思います。

You can see a large image by click.休憩を挟み、第2部では「救急対応と医療連携 地域・現場での課題と工夫」をテーマに、恒例のグループトークを行いました。第1部で得られたことも参考に熱心な意見・情報交換が各グループで交わされていました。
第2部後半では「事業所紹介」として障がい者サービス併設の小規模多機能型居宅介護、当地域で今春開設予定の介護老人保健施設の2施設より事業所の特徴・取り組みなどを説明いただきました。また、東区社会福祉協議会より「きらりん緊急情報キット配布事業」について説明いただきました。

You can see a large image by click.全体会終了後は会場を変え、懇親会を開催しました。写真の表情のとおりの盛り上がりを見せていました。

次回の全体会は2018年9月1日(土)、「第10回記念大会」として東区プラザで開催予定です。東区主催市民向け公開講座との併催、また、隣接在宅医療ネットワークである「ぽーちゅらかネット」、「(北区)ござれやネット」との共催研修とする内容で計画中です。参加募集要項が決まり次第、本サイトでもご案内します。
次回も多くの方の参加をお待ちしております。

sp

2018/2/28

No_45 【共催事業】ご当地連携研修会「医療と介護 リレー学習会」(第4回)開催ご案内

「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」(以下、ステーション)が主催、当会が共催する「ご当地連携研修会/医療と介護 リレー学習会」の第4回を2018年3月20日に開催します。
この学習会は地域の医療・介護関係者が交替(リレー)で講師になり、ご自身の専門・得意・関心ある分野について約20分のミニレクチャーを行っていただきます。
地域の専門職の皆さんでリレーを重ねて「みんなで学ぶ、みんなで教える」会にしましょう!

【開催概要】
日時 2018年3月20日(火)19:00〜20:30
会場 東区プラザ 2階多目的ルーム2
内容 
1.認知症の方に歯科受診を!/ないとう歯科医院 内藤義隆先生
2.生活支援・介護予防について/東区社会福祉協議会 阿部恭子氏
3.養護老人ホームってどんなところ?/松鶴荘 国兼智佐子氏
※多機関多職種の相互理解を目的とするため、全時間参加を原則とします

【参加対象/申込】
・東区山の下圏域の医療・介護全事業所職員
・山の下ねっと会員事業所の職員、賛助会員
・新潟市職員
※ステーションより山の下圏域各事業所宛にご案内を郵送しています。
参加希望の場合ウェブでの事前登録が必要です(本記事上部の申込サイトリンクから)。3/15(木)正午まで。ただし、定員に達し次第締切。

【重要】
消防法による会場定員遵守および配布資料準備の都合から、入場は事前登録者に限らせていただきます。


このページのトップへ


sp

←BACK

NEXT→